第31回熊本ハワイアンパーティー7/7日曜日(レストバー★スターライト熊本 )

第31回 2019年7月7日19:00~

今年もやります

熊本市ハワイアンパーティー

出演バンド:ロマンティックサウンド
  
○前売券:¥6.000

(フリードリンク&ビュフェ料理付)

1989年から1年に一度のハワイアンパーティ、四代目のバンド:ロマンティックサウンドのライブ・
フラダンスOK!飲んで・食べて幸せな一日をスターライトがプレゼント!!(熊本レストバー★スターライト)
  石原裕次郎、マヒナスターズ、プレスリーなどの懐かしのサウンド生バンドでお届け。

熊本レストバー★スターライト 

電話:096-325-9337 

熊本県熊本市安政町1-6桑本ビル6F

問い合わせ先電話

090-3413-7609

ハワイアンパーティ

フラダンス踊りたい方大募集
ハワイアンの歌いたい大方募集

第3回熊本【ためし酒まつり】2019年7月1日(月)~7月18日(木)前売券発売中 レストバー★スターライト

お気に入りの店をみつけよう

第3回超ロングラン

 

ためし酒まつり

 

2019年7月1日(月)~7月18日(木)

 

熊本市中心市街地・健軍・保田窪・帯山・新外・宇城・宇土・玉名・八代・菊池

191店舗から選び放題!!

 

ー料理店・バー・スナック・クラブ・ラウンジ・キャバクラ・などー

3千円で5軒回れる!!

城まちためし酒まつりパスカード付ガイドマップ

 

おひとり様3.000円(税込)

★★★豪華賞品が抽選で当たる★★★

販売店【レストバー★スターライト熊本】

☎096-325-9337

📱090-3413-7609

主催:熊本市社交飲食業組合 後援:熊本市

協力:熊本県社交飲食業生活衛生同業組合/熊本市中央繁栄会連合会

お問い合せ

熊本市社交飲食業組合 TEL:096-352-8981

#熊本お気に入りの店

#ためし酒まつり

#熊本ためし酒まつり

#熊本市中心市街地

#健軍

#保田窪

#帯山

#新外

#宇城

#宇土

#玉名

#八代

#菊池

#熊本料理店

#熊本バー

#熊本スナック

#熊本クラブ

#熊本ラウンジ

#キャバクラ

#城まちためし酒まつりパスカード付ガイドマップ

#城まち試し酒

レストバー★スターライト

#熊本市社交飲食業組合 

#熊本市

#熊本県社交飲食業生活衛生同業組合

#熊本市中央繁栄会連合会

#熊本市社交飲食業組合

全飲連沖縄県大会に参加しました!熊本県飲食業生活衛生同業組合。

2019年6月26日水曜日27日.28日

第57回全国飲食業生活衛生同業組合全国大会 「沖縄県大会」に参加しました。

素晴らしい大会で。みんな大満足の全国大会でした!

来年は群馬大会たくさんでいきたいと思います!

#熊本市飲食業生活衛生同業組合

#熊本市飲食組合

#全飲連

#全飲連全国大会

#全飲連沖縄県大会

#全飲連熊本大会

#全飲連山口大会

#全飲連群馬大会

http://kumamoto-inren.com

クマモトダンスパフォーマンス2019開催おめでとうございます㊗️打ち上げ、懇親会の予約はレストバー★スターライト熊本 へ!

クマモトダンスパフォーマンス2019開催おめでとうございます㊗️

クマモト ダンスパフォーマンス 2019

開催日 2019年8月11日(日・祝)
開催時間 開場10 :30 開演11 :00 終演16 :30
会場 熊本県立劇場演劇ホール 

 

★打ち上げ、懇親会の予約はレストバー★スターライト熊本 へ!

着席120名様、立食160名様

☎️096-325-9337

📱090-3413-7609

栄田まで。

高校総体打ち上げ、部活懇親会 、貸切予約 https://www.starlight1970.com/news/692/

熊本ベンチャーズ祭 令和元年7月21日(日)出演:イエロージャケット レストバー★スターライト

こんな日曜日が待ち遠しい!!

「熊本に笑顔を!」
第9回熊本theVENTURES祭&80年代ポップス&ロック
(ベンチャーズ)

2019年7月21日(日)
19:00~
■出演バンド:

★イエロージャケット(ベンチャーズ)
 フリードリンク&ビュフェ料理
前売券4.500円

レストバー★スターライト熊本  栄田修士

熊本ベンチャーズ祭 http://www.starlight1970.com/news/318/

「熊本 ライブに身も心も」

熊本市大人の遊び場復活に!

その中心にはいつも音楽がある。

心弾み、少し危険な香りもする

音楽文化の灯は絶やさない。

オーナーの熱い魂と音楽ファンの

甘美な思いが、大人の遊び場を蘇らせる。

大人の街の魂

「子供のこころをもった大人の集う場所ライブハウスになるレストランバー熊本市スターライト!」 

ビジネスマン、子供、主婦、シニアと観客の顔ぶれも多彩な。ベンチャーズや80年代ポップス&ロックのリズムに乗って手拍子を取り、体を、揺らすうち、プレイヤーと観客と空間が一つになる瞬間。

熊本ベンチャーズ祭 http://www.starlight1970.com/news/318/

#熊本市

#ベンチャーズ

#イエロージャケット

#80年代ポップス

#80年代ロック

#レストバー★スターライト#096-325-9337

#大人の遊び場

#ライブハウス

#GT.Ange

サウンド・スタイル[編集]

最初のヒットシングルとなった「ウォーク・ドント・ラン(急がば廻れ)」は、ドン・ウィルソンのインタビューによると、チェット・アトキンスが自身で編み出した「ギャロッピング奏法」をベース、メロディ、コードバッキングに分解し、それにドラムパートを加え、ロックンロールのリズムに乗せた物であり、このシンプルなスタイルが以後のベンチャーズの基本的なアレンジとなって現在に至っている。

二代目のリード・ギタリスト(初期はベーシスト)であるノーキー・エドワーズは2回目の来日公演(1965年1月)で「電気ギターの王様」と紹介され、天才的で卓越したテクニックは多くの日本のギタリスト達に影響を与えた。彼はカントリー・ピッキング(親指にピックを固定し、人差し指や中指を同時に利用する多指奏法)を基本としたテクニックで、トレモロアームをアクセントとして使用し、モズライトギターの高出力ピックアップを活かしたダイナミックなサウンドを作り出していた。特に1965年7月来日時の録音を収めた赤盤ライブでの、「クルーエル・シー」、「ペネトレイション」、「ドライビング・ギター」、「キャラバン」などはその特徴が顕著である。その後、彼は1980年代にベンチャーズを脱退(2度目の脱退)し、ソロ活動が中心となっているが、公式ホームページでは脱退扱いにはなっておらず、毎年、何度も、ノーキーがベンチャーズに参加してライブ演奏を行っている。近年は、オリジナルモデルのギターを用い、よりカントリースタイルを意識した演奏となっている。

1968年にノーキーが1度目の脱退をし、三代目リード・ギタリストとして加入したのがジェリー・マギーである。ジェリーのサムピックを使用した奏法(ノーキーも1972年に復帰したときからライブでサムピックを使用するようになった)や彼の出身地ルイジアナをルーツとした南部色の強いソウルフルなサウンドが特徴的である。「朝日のあたる家」は、ベンチャーズが1960年代からもともとレパートリーとしているが、1980年代にジェリーが再加入した後のライブでは彼独特のアドリブによるブルージーなサウンドが、新たな聞かせどころとなっている。また元来スタジオミュージシャンとしてエミルー・ハリス、エルビス・プレスリー、モンキーズなど多数のレコーディングやセッションなどの経験を積んで来たため、幅広いスタイルの音楽に柔軟に対応できる懐の深さを持ち合わせている。近年は、中音域をブーストさせる回路の付いたストラトタイプのギターを用いており、曲によってブーストのかかり具合を微調整して、音色にバリエーションを持たせる工夫をしている。

ライブでは「キャラバン」を演奏せずに終了し、アンコールで「キャラバン」を演奏するのがお決まりとなっている。

※ザ・ベンチャーズ (The Ventures) は、1959年に結成された、アメリカ合衆国のエレクトリックギターを主軸としたインストゥルメンタル・バンド。特に、日本に於いてはビートルズと並び、その後の音楽業界に多大なる影響を与えたバンドとされている。2008年にはロックの殿堂入りを果たした。

サウンド・スタイル[編集]

最初のヒットシングルとなった「ウォーク・ドント・ラン(急がば廻れ)」は、ドン・ウィルソンのインタビューによると、チェット・アトキンスが自身で編み出した「ギャロッピング奏法」をベース、メロディ、コードバッキングに分解し、それにドラムパートを加え、ロックンロールのリズムに乗せた物であり、このシンプルなスタイルが以後のベンチャーズの基本的なアレンジとなって現在に至っている。

二代目のリード・ギタリスト(初期はベーシスト)であるノーキー・エドワーズは2回目の来日公演(1965年1月)で「電気ギターの王様」と紹介され、天才的で卓越したテクニックは多くの日本のギタリスト達に影響を与えた。彼はカントリー・ピッキング(親指にピックを固定し、人差し指や中指を同時に利用する多指奏法)を基本としたテクニックで、トレモロアームをアクセントとして使用し、モズライトギターの高出力ピックアップを活かしたダイナミックなサウンドを作り出していた。特に1965年7月来日時の録音を収めた赤盤ライブでの、「クルーエル・シー」、「ペネトレイション」、「ドライビング・ギター」、「キャラバン」などはその特徴が顕著である。その後、彼は1980年代にベンチャーズを脱退(2度目の脱退)し、ソロ活動が中心となっているが、公式ホームページでは脱退扱いにはなっておらず、毎年、何度も、ノーキーがベンチャーズに参加してライブ演奏を行っている。近年は、オリジナルモデルのギターを用い、よりカントリースタイルを意識した演奏となっている。

1968年にノーキーが1度目の脱退をし、三代目リード・ギタリストとして加入したのがジェリー・マギーである。ジェリーのサムピックを使用した奏法(ノーキーも1972年に復帰したときからライブでサムピックを使用するようになった)や彼の出身地ルイジアナをルーツとした南部色の強いソウルフルなサウンドが特徴的である。「朝日のあたる家」は、ベンチャーズが1960年代からもともとレパートリーとしているが、1980年代にジェリーが再加入した後のライブでは彼独特のアドリブによるブルージーなサウンドが、新たな聞かせどころとなっている。また元来スタジオミュージシャンとしてエミルー・ハリス、エルビス・プレスリー、モンキーズなど多数のレコーディングやセッションなどの経験を積んで来たため、幅広いスタイルの音楽に柔軟に対応できる懐の深さを持ち合わせている。近年は、中音域をブーストさせる回路の付いたストラトタイプのギターを用いており、曲によってブーストのかかり具合を微調整して、音色にバリエーションを持たせる工夫をしている。

ライブでは「キャラバン」を演奏せずに終了し、アンコールで「キャラバン」を演奏するのがお決まりとなっている。

12345

Category

トップへ戻る
ご予約・お問い合わせはこちら