2021/12/19は、ピアフの生誕祭LIVEでした。後藤素子先生(歌)、橋本 芳(piansit)、大野修平先生(MC)素晴らしいピアフの世界を堪能しました。後藤先生プロデュースありがとうございました。。 レストバー★スターライト熊本でシャンソンのライブが出来る飲食店!

2021/12/19は、ピアフの生誕祭LIVEでした。後藤素子先生(歌)、橋本 芳(piansit)、大野修平先生(MC)素晴らしいピアフの世界を堪能しました。後藤先生プロデュースありがとうございました。

レストバー★スターライト榮田修治 

熊本でシャンソンのライブが出来る飲食店!

コロナ終息後はまた皆さんの笑顔にお会いしたいと思います。

昨年はAFFコンサート文化芸術振興事業「コロナの時代に音楽の力で勇気と希望を!」

なんと3公演もさせていただきました。

2021.12.7

ヴァイオリンとチェロと鍵盤ハーモニカで誘う(いざなう)世界の旅でスタートしました。

船津真美子さん(ヴァイオリン)・中川幸尚さん(チェロ)・Chikaさん(鍵盤ハーモニカ)・牛島のりこ(ピアノ)のコンサート最高でした。

プロデューサーの後藤素子先生・完璧な音作りをしていただいた㈱ファンラボの長谷川祐亮社長大変お世話になりありがとうございました。

創立52年スターライトで最高体験をさせて頂きました感謝申し上げます。

レストバー★スターライト栄田修士

2022.1.30報告

 

いよいよ始まります!12/7・12/19・12/22「コロナの時代に音楽の力で勇気と希望を!」3連続AFF文化芸術振興事業!

■AFFコンサート文化芸術振興事業「コロナの時代に音楽の力で勇気と希望を!」

#熊本シャンソン#熊本エディットピアフ#熊本シャンソンライブ#熊本シャンソンライブ#

12/19は、ピアフの生誕祭LIVEで、12/22は、ヨーロッパの旅のテーマのLiveは、めちゃ上手い声楽家さん登場します。&ピアノとピアノ独奏が、あります。お時間があられれば、お越し下さい。後藤先生からのメッセージです。
レストバー★スターライト熊本 栄田修士
http://www.starlight1970.com

延期のお知らせ!2020年3月22日(日曜日 )熊本ロックンロールパーティーVOL.22熊本市レストバー★スターライト

3月のロックンロールパーティは新型コロナウイルス発生の為延期いたします。

開催が決まり次第UPします!

連絡が届いてない方には大変ご迷惑をおかけしました。



  •  
  •  
  • 熊本Rock’n Roll Party VOL.23

    出演バンド

    リアルロード

    ガレーヂバンド

    ルイス

    3バンド

    ヨロシクお願いします!

    今宵、夜の町で——–

    粋な大人の

    「夜」遊び

    第23回のロックンロールパーティー

    2020年3月22日(日曜日)

    19:00~

    ●飲み放題&ビュフエ料理

    ¥4.500

    ご参加お待ちしてます!

    出演バンド

    ■ガレーヂバンド(熊本)

    熊本市 ロックンロールパーティー

    レストバー★スターライト熊本 栄田修士 

    #熊本市

    #レストバー★スターライト

    #ロックンロールパーティー

    #ガレーヂバンド

    #熊本ロックンロールパーティー

    #熊本ガレーヂバンド

    #ザ・フェイクス

    #ルイス

    ロックンロールパーティー

    #熊本市ガレーヂバンド

    #熊本ロックンロールパーティー

    #熊本ガレーヂバンド

    #熊本ザ・フェイクス

    #熊本市ルイス

    #熊本 リアルロード

    熊本Rock’n Roll Party VOL.23

    熊本がロックンロールに最高に熱くなれる日!

    熊本市 ロックンロールパーティー 

     

  •  
  •  
  • ★★★「熊本 ライブに身も心も」★★★

    熊本市大人の遊び場復活に!

    その中心にはいつも音楽がある。

    心弾み、少し危険な香りもする

    音楽文化の灯は絶やさない。

    オーナーの熱い魂と音楽ファンの

    甘美な思いが、大人の遊び場を蘇らせる。

    大人の街の魂 「子供のこころをもった大人の集う場所

  • ライブハウスになるレストランバー熊本市スターライト!」

  • 熊本ロックンロールパーティ

    ビジネスマン、子供、主婦、シニアと観客の

  • 顔ぶれも多彩な。

  • ロックンロールのリズムに乗って手拍子を取り、

  • 体を、揺らすうち、

  • プレイヤーと観客と空間が一つになる瞬間!!

     
  •  
  •  
     ロックンロール好きなお知り合いにお伝え頂き、
  • こぞって参加し楽しんで貰えたらとおもいます!!
  •  

 

たくさんのご参加ありがとうございました!2020年も宜しくおねがいします!!2019.11.10日曜日「熊本JAZZ」2019レストバー★スターライト熊本

 2019.11.10(sun)
「熊本JAZZ」
KUMAMOTO★BIGBAND JAZZ NIGHT 2019
日時 :2019年11月10日 日曜日
開場:18:30 時間:19:00~21:00
演奏:出演:JG BIGBAND(熊本)
JG BIGBAND (熊本)のブログ
料金:¥4.500(当日500円UP)
飲み放題&ビュフェ料理付
今年もレストバー★スターライト熊本では
JG BIGBAND(熊本)の協力
のおかげで連続14回目のJAZZのパーティを開催します。
 「聞いてよし」「見てよし」「飲んでよし」「食べてよし」
の自由な気分でビッグバンドJAZZを愉しむ一日を!
     Wellcome to RESTBAR★STARLIGHT 
2019熊本 JAZZ  WEB
#熊本BIGBAND JAZZ
#熊本
#JAZZKUMAMOTO★BIGBAND JAZZ
#JG BIGBAND熊本
#JAZZ
#熊本ビッグバンドJAZZ
#熊本 JAZZ 2019
#熊本BIGBAND JAZZ
#熊本市JAZZ
#JGビッグバンド
#JGBIGBAND熊本

#熊本JAZZ

#熊本ジャズ

#熊本BIGBAND JAZZ

 

【 第9回熊本ベンチャーズ祭】2019年7月21日(日曜曜日)19:00~熊本市 レストバー★スターライト

こんな日曜日が待ち遠しい!

 第9回熊本theVENTURES祭

【熊本ベンチャーズ祭「出演:イエロージャケット」】

 2019年7月21日(日)19:.00~

フリードリンク&ビュフェ料理 

前売券:¥4.500 当日500円UP

熊本市レストバー★スターライト

電話:096-325-9337

熊本ベンチャーズ祭ストーリー 

https://www.starlight1970.com/blog/1891/


 

「熊本 ライブに身も心も」

熊本市大人の遊び場復活に!

その中心にはいつも音楽がある。

心弾み、少し危険な香りもする

音楽文化の灯は絶やさない。

オーナーの熱い魂と音楽ファンの

甘美な思いが、大人の遊び場を蘇らせる。

大人の街の魂 「子供のこころをもった大人の

集う場所ライブハウスになるレストランバー

熊本市スターライト!」

熊本ベンチャーズ&80年代ポップス!ロック!

参加お待ちしております!!

ビジネスマン、子供、主婦、シニアと観客の顔ぶれも多彩な。ビートルズナイトリズムに乗って手拍子を取り、体を、揺らすうち、プレイヤーと観客と空間が一つになる瞬間。

【 ベンチャーズで熱狂】

 

サウンド・スタイル[編集]

最初のヒットシングルとなった「ウォーク・ドント・ラン(急がば廻れ)」は、ドン・ウィルソンのインタビューによると、チェット・アトキンスが自身で編み出した「ギャロッピング奏法」をベース、メロディ、コードバッキングに分解し、それにドラムパートを加え、ロックンロールのリズムに乗せた物であり、このシンプルなスタイルが以後のベンチャーズの基本的なアレンジとなって現在に至っている。

二代目のリード・ギタリスト(初期はベーシスト)であるノーキー・エドワーズは2回目の来日公演(1965年1月)で「電気ギターの王様」と紹介され、天才的で卓越したテクニックは多くの日本のギタリスト達に影響を与えた。彼はカントリー・ピッキング(親指にピックを固定し、人差し指や中指を同時に利用する多指奏法)を基本としたテクニックで、トレモロアームをアクセントとして使用し、モズライトギターの高出力ピックアップを活かしたダイナミックなサウンドを作り出していた。特に1965年7月来日時の録音を収めた赤盤ライブでの、「クルーエル・シー」、「ペネトレイション」、「ドライビング・ギター」、「キャラバン」などはその特徴が顕著である。その後、彼は1980年代にベンチャーズを脱退(2度目の脱退)し、ソロ活動が中心となっているが、公式ホームページでは脱退扱いにはなっておらず、毎年、何度も、ノーキーがベンチャーズに参加してライブ演奏を行っている。近年は、オリジナルモデルのギターを用い、よりカントリースタイルを意識した演奏となっている。

1968年にノーキーが1度目の脱退をし、三代目リード・ギタリストとして加入したのがジェリー・マギーである。ジェリーのサムピックを使用した奏法(ノーキーも1972年に復帰したときからライブでサムピックを使用するようになった)や彼の出身地ルイジアナをルーツとした南部色の強いソウルフルなサウンドが特徴的である。「朝日のあたる家」は、ベンチャーズが1960年代からもともとレパートリーとしているが、1980年代にジェリーが再加入した後のライブでは彼独特のアドリブによるブルージーなサウンドが、新たな聞かせどころとなっている。また元来スタジオミュージシャンとしてエミルー・ハリス、エルビス・プレスリー、モンキーズなど多数のレコーディングやセッションなどの経験を積んで来たため、幅広いスタイルの音楽に柔軟に対応できる懐の深さを持ち合わせている。近年は、中音域をブーストさせる回路の付いたストラトタイプのギターを用いており、曲によってブーストのかかり具合を微調整して、音色にバリエーションを持たせる工夫をしている。

ライブでは「キャラバン」を演奏せずに終了し、アンコールで「キャラバン」を演奏するのがお決まりとなっている。

 

※ザ・ベンチャーズ (The Ventures) は、1959年に結成された、アメリカ合衆国のエレクトリックギターを主軸としたインストゥルメンタル・バンド。特に、日本に於いてはビートルズと並び、その後の音楽業界に多大なる影響を与えたバンドとされている。2008年にはロックの殿堂入りを果たした。

サウンド・スタイル[編集]

最初のヒットシングルとなった「ウォーク・ドント・ラン(急がば廻れ)」は、ドン・ウィルソンのインタビューによると、チェット・アトキンスが自身で編み出した「ギャロッピング奏法」をベース、メロディ、コードバッキングに分解し、それにドラムパートを加え、ロックンロールのリズムに乗せた物であり、このシンプルなスタイルが以後のベンチャーズの基本的なアレンジとなって現在に至っている。

二代目のリード・ギタリスト(初期はベーシスト)であるノーキー・エドワーズは2回目の来日公演(1965年1月)で「電気ギターの王様」と紹介され、天才的で卓越したテクニックは多くの日本のギタリスト達に影響を与えた。彼はカントリー・ピッキング(親指にピックを固定し、人差し指や中指を同時に利用する多指奏法)を基本としたテクニックで、トレモロアームをアクセントとして使用し、モズライトギターの高出力ピックアップを活かしたダイナミックなサウンドを作り出していた。特に1965年7月来日時の録音を収めた赤盤ライブでの、「クルーエル・シー」、「ペネトレイション」、「ドライビング・ギター」、「キャラバン」などはその特徴が顕著である。その後、彼は1980年代にベンチャーズを脱退(2度目の脱退)し、ソロ活動が中心となっているが、公式ホームページでは脱退扱いにはなっておらず、毎年、何度も、ノーキーがベンチャーズに参加してライブ演奏を行っている。近年は、オリジナルモデルのギターを用い、よりカントリースタイルを意識した演奏となっている。

1968年にノーキーが1度目の脱退をし、三代目リード・ギタリストとして加入したのがジェリー・マギーである。ジェリーのサムピックを使用した奏法(ノーキーも1972年に復帰したときからライブでサムピックを使用するようになった)や彼の出身地ルイジアナをルーツとした南部色の強いソウルフルなサウンドが特徴的である。「朝日のあたる家」は、ベンチャーズが1960年代からもともとレパートリーとしているが、1980年代にジェリーが再加入した後のライブでは彼独特のアドリブによるブルージーなサウンドが、新たな聞かせどころとなっている。また元来スタジオミュージシャンとしてエミルー・ハリス、エルビス・プレスリー、モンキーズなど多数のレコーディングやセッションなどの経験を積んで来たため、幅広いスタイルの音楽に柔軟に対応できる懐の深さを持ち合わせている。近年は、中音域をブーストさせる回路の付いたストラトタイプのギターを用いており、曲によってブーストのかかり具合を微調整して、音色にバリエーションを持たせる工夫をしている。

ライブでは「キャラバン」を演奏せずに終了し、アンコールで「キャラバン」を演奏するのがお決まりとなっている。

「熊本ベンチャーズ祭」2019.7.21(日)19:00~第9回熊本「theVENTURES祭」レストバー★スターライト熊本市

こんな土曜日が待ち遠しい!!

「熊本に笑顔を!」
第9回熊本theVENTURES祭&80年代ポップス&ロック
(ベンチャーズ)

2019年7月21日(日)
19:00~
■出演バンド:

★イエロージャケット(ベンチャーズ)
 フリードリンク&ビュフェ料理
前売券4.500円

レストバー★スターライト熊本  栄田修士

熊本ベンチャーズ祭 http://www.starlight1970.com/news/318/

「熊本 ライブに身も心も」

熊本市大人の遊び場復活に!

その中心にはいつも音楽がある。

心弾み、少し危険な香りもする

音楽文化の灯は絶やさない。

オーナーの熱い魂と音楽ファンの

甘美な思いが、大人の遊び場を蘇らせる。

大人の街の魂

「子供のこころをもった大人の集う場所ライブハウスになるレストランバー熊本市スターライト!」 

ビジネスマン、子供、主婦、シニアと観客の顔ぶれも多彩な。ベンチャーズや80年代ポップス&ロックのリズムに乗って手拍子を取り、体を、揺らすうち、プレイヤーと観客と空間が一つになる瞬間。

熊本ベンチャーズ祭 http://www.starlight1970.com/news/318/

#熊本市

#ベンチャーズ

#イエロージャケット

#80年代ポップス

#80年代ロック

#レストバー★スターライト#096-325-9337

#大人の遊び場

#ライブハウス

#GT.Ange

 

サウンド・スタイル[編集]

最初のヒットシングルとなった「ウォーク・ドント・ラン(急がば廻れ)」は、ドン・ウィルソンのインタビューによると、チェット・アトキンスが自身で編み出した「ギャロッピング奏法」をベース、メロディ、コードバッキングに分解し、それにドラムパートを加え、ロックンロールのリズムに乗せた物であり、このシンプルなスタイルが以後のベンチャーズの基本的なアレンジとなって現在に至っている。

二代目のリード・ギタリスト(初期はベーシスト)であるノーキー・エドワーズは2回目の来日公演(1965年1月)で「電気ギターの王様」と紹介され、天才的で卓越したテクニックは多くの日本のギタリスト達に影響を与えた。彼はカントリー・ピッキング(親指にピックを固定し、人差し指や中指を同時に利用する多指奏法)を基本としたテクニックで、トレモロアームをアクセントとして使用し、モズライトギターの高出力ピックアップを活かしたダイナミックなサウンドを作り出していた。特に1965年7月来日時の録音を収めた赤盤ライブでの、「クルーエル・シー」、「ペネトレイション」、「ドライビング・ギター」、「キャラバン」などはその特徴が顕著である。その後、彼は1980年代にベンチャーズを脱退(2度目の脱退)し、ソロ活動が中心となっているが、公式ホームページでは脱退扱いにはなっておらず、毎年、何度も、ノーキーがベンチャーズに参加してライブ演奏を行っている。近年は、オリジナルモデルのギターを用い、よりカントリースタイルを意識した演奏となっている。

1968年にノーキーが1度目の脱退をし、三代目リード・ギタリストとして加入したのがジェリー・マギーである。ジェリーのサムピックを使用した奏法(ノーキーも1972年に復帰したときからライブでサムピックを使用するようになった)や彼の出身地ルイジアナをルーツとした南部色の強いソウルフルなサウンドが特徴的である。「朝日のあたる家」は、ベンチャーズが1960年代からもともとレパートリーとしているが、1980年代にジェリーが再加入した後のライブでは彼独特のアドリブによるブルージーなサウンドが、新たな聞かせどころとなっている。また元来スタジオミュージシャンとしてエミルー・ハリス、エルビス・プレスリー、モンキーズなど多数のレコーディングやセッションなどの経験を積んで来たため、幅広いスタイルの音楽に柔軟に対応できる懐の深さを持ち合わせている。近年は、中音域をブーストさせる回路の付いたストラトタイプのギターを用いており、曲によってブーストのかかり具合を微調整して、音色にバリエーションを持たせる工夫をしている。

ライブでは「キャラバン」を演奏せずに終了し、アンコールで「キャラバン」を演奏するのがお決まりとなっている。

※ザ・ベンチャーズ (The Ventures) は、1959年に結成された、アメリカ合衆国のエレクトリックギターを主軸としたインストゥルメンタル・バンド。特に、日本に於いてはビートルズと並び、その後の音楽業界に多大なる影響を与えたバンドとされている。2008年にはロックの殿堂入りを果たした。

サウンド・スタイル[編集]

最初のヒットシングルとなった「ウォーク・ドント・ラン(急がば廻れ)」は、ドン・ウィルソンのインタビューによると、チェット・アトキンスが自身で編み出した「ギャロッピング奏法」をベース、メロディ、コードバッキングに分解し、それにドラムパートを加え、ロックンロールのリズムに乗せた物であり、このシンプルなスタイルが以後のベンチャーズの基本的なアレンジとなって現在に至っている。

二代目のリード・ギタリスト(初期はベーシスト)であるノーキー・エドワーズは2回目の来日公演(1965年1月)で「電気ギターの王様」と紹介され、天才的で卓越したテクニックは多くの日本のギタリスト達に影響を与えた。彼はカントリー・ピッキング(親指にピックを固定し、人差し指や中指を同時に利用する多指奏法)を基本としたテクニックで、トレモロアームをアクセントとして使用し、モズライトギターの高出力ピックアップを活かしたダイナミックなサウンドを作り出していた。特に1965年7月来日時の録音を収めた赤盤ライブでの、「クルーエル・シー」、「ペネトレイション」、「ドライビング・ギター」、「キャラバン」などはその特徴が顕著である。その後、彼は1980年代にベンチャーズを脱退(2度目の脱退)し、ソロ活動が中心となっているが、公式ホームページでは脱退扱いにはなっておらず、毎年、何度も、ノーキーがベンチャーズに参加してライブ演奏を行っている。近年は、オリジナルモデルのギターを用い、よりカントリースタイルを意識した演奏となっている。

1968年にノーキーが1度目の脱退をし、三代目リード・ギタリストとして加入したのがジェリー・マギーである。ジェリーのサムピックを使用した奏法(ノーキーも1972年に復帰したときからライブでサムピックを使用するようになった)や彼の出身地ルイジアナをルーツとした南部色の強いソウルフルなサウンドが特徴的である。「朝日のあたる家」は、ベンチャーズが1960年代からもともとレパートリーとしているが、1980年代にジェリーが再加入した後のライブでは彼独特のアドリブによるブルージーなサウンドが、新たな聞かせどころとなっている。また元来スタジオミュージシャンとしてエミルー・ハリス、エルビス・プレスリー、モンキーズなど多数のレコーディングやセッションなどの経験を積んで来たため、幅広いスタイルの音楽に柔軟に対応できる懐の深さを持ち合わせている。近年は、中音域をブーストさせる回路の付いたストラトタイプのギターを用いており、曲によってブーストのかかり具合を微調整して、音色にバリエーションを持たせる工夫をしている。

ライブでは「キャラバン」を演奏せずに終了し、アンコールで「キャラバン」を演奏するのがお決まりとなっている。

123

Category

トップへ戻る
ご予約・お問い合わせはこちら